最近のご質問から
直線上に配置


【質問9】
バッチフラワーエッセンスに使われている野生植物ついて

バッチフラワーエッセンスに使われている植物で、今は野生で見つける事が難しい種類があると聞きました。将来、バッチフラワーエッセンスが製造されなくなるのではないかと、心配しています。

回答:
バッチフラワーエッセンスは、世界中の様々なブランドから発売されています。現在、フラワーエッセンスを作る際、野生の植物からではなく、ガーデンで栽培したものから作っているブランドも少なくありません。
さて、いくつかのバッチフラワーエッセンスに採用されている野生植物が、消えつつあるという情報は、私どもも以前より聞いております。
以下に、いくつかをお伝え致しますが、ヨーロッパという離れた土地の、一部からの情報である事を前提として、お読み頂けましたら幸いです。

まず、ある特別の病気が多くの植物を殺しており、特にエルム(Ulmus procera)が、危機に面しているのだそうです。しかし、今のところは、エルムが絶滅するとは言えません。病気は数年毎にぶり返してきますが、数は減少しても、植物はまた復活するだろうとの見方がされています。
オーク(Quercus robur)も、消滅しつつあると言われていますが、まだはっきりとは分かっておりません。
ゲンチアナ(Gentiana amarella)も、危ういかもしれないとの事。ゲンチアナは、Gentiana ciliataと呼ばれる、別のゲンチアナ種と自然の雑種を生み出しているそうです。また、3年ほど前より、ゲンチアナがなくなりつつある事は聞いていますが、ある人がアルプスで見つけたという話も耳にしております。
スクレランサス(Scleranthus annuus)は、小麦と共生しますが、肥料でだめになってしまいます。ですので、オーガニック栽培が必要になってくるかもしれません。ある人は、オーガニック栽培により、ゆっくりですが確実な成果を得ており、スクレランサスは生き残る望みがあるとの事です。

元々園芸種であった種類は別として、純粋に野生のものだけからバッチフラワーエッセンスを作るのは、今の地球環境では難しいかもしれません。
そのような環境の中、私どもの友人達の中には、同種の野生仲間で同じような働きかけがあるかどうか10年以上も研究し、成果を上げている人もいます。また、出来る限り自然に近いガーデンを作り、バッチ博士が採用したのと全く同じ種類から、安定してフラワーエッセンスを生成出来るよう努力している人もいます。
たとえバッチ博士の時代とは環境が変わっても、バッチフラワーエッセンスを愛する人々がいる限り、彼等の手により、何らかの形でフラワーエッセンスが作り続けられ、受け継がれていく事でしょう。



【質問10】
フラワーエッセンスオブザブッダフィールドの香との混合について

フラワーエッセンスオブザブッダーフィールドは、オーラにスプレーする使用法ですが、精油を混ぜて使ってもいいでしょうか。

回答:
開発者のサンバブア自身は、精油と混ぜて使う事はしていません。
サンバブアは、精油の働きかけはエーテル体レベルに属すと考えており、それに対して、フラワーエッセンスオブザブッダフィールドの働きかけは、もっと微細です。使用者自身で試してみて、観察してみて欲しいとの事です。
(マウントフジフラワーエッセンスでは?)
マウントフジフラワーエッセンス開発者も、精油等の香は、エーテル体に働きかけるとみなしています。香は生理作用と深く関係しており、肉体に近いレベルの調和にとっても、よい影響を与えてくれます。五感の中でも記憶に残るという点で、香は、肉体に近いレベルで強く働きかけてくれると言えるでしょう。
フラワーエッセンスオブザブッダフィールドは、マウントフジフラワーエッセンスと同様、それ自体の精妙な働きかけがありますので、あえてそこに香や他の何かをプラスする必要性はありません。フラワーエッセンスオブザブッダフィールドにせよ、マウントフジフラワーエッセンスにせよ、もし、使用者の方が微細な領域での働きかけを繊細に感じ取りたいのであれば、他のものは混合せずに、そのままお使いになる事をお勧めします。
また、香のもたらす癒しも同時に受け取りたいという事であれば、混合されるのもまたいいでしょう。ただし、強烈に香る濃度ではなく、匂うか匂わないか程度に、ごく微量をたらして頂くのがいいでしょう。
つまり、
  • フラワーエッセンスの作用のみを繊細に感じたいのであれば、香はない方がよい、
  • フラワーエッセンスと香の癒しを同時に受け取りたいのであれば、精油を混合しても問題はなく、精油(ごく淡い濃度で)によってフラワーエッセンスの作用は害されない、
という事でしょう。
ご自身で体験し、ご自分にとって心地よい使い方を見つけて下さい。
*フラワーエッセンスと違い、妊娠中に使用してはいけない種類等、精油には、様々な使用法の注意点があります。お使いになる精油については、自分自身の責任で、事前に充分調べて下さい。