リビングライト・エッセンス
解説
直線上に配置



抽象的な表現ですが、リビングライトエッセンスの開発者ジェフから届いたメッセージをご紹介します。


7つのスペクトラム光線について

リビングライトエッセンスの基盤となり、7色のラベルとしても分類されている「7つのスペクトラム光線」について、補足説明です。
7つのスペクトラム光線は、人生における7つの宇宙の原理を表現しており、スピリチュアルな発展とヒーリングへの道を示しています。この原理は、私たちの身体、人生、世界、生命という「織物」のなかに、織り込まれています。
「聖なる石のシリーズ」、「大天使のシリーズ」、「聖なる光のシリーズ」は、それぞれが、この7つのスペクトラム光線とつながり、原理の一つ一つの側面に対して、焦点が当てられています。

「聖なる石のシリーズ」は、光の結実であり、大地にしっかりと足をつけさせてくれます。
「大天使のシリーズ」は、それぞれの光の焦点を鮮明にし、統合していきます。
「聖なる光のシリーズ」は、光の中心部のエッセンスで、意識を高める働きをしてくれます。

例えば、第3番目のスペクトラム光線は、愛に対する光です。「第3番目の聖なる光」に表現されているように、無条件の愛が宇宙の形です。そして、「大天使シャムエル」の自他への愛は、「ローズクォーツ」からつながる道です。「ローズクォーツ」の原理の基本は、自己愛、自分自己となっています。

自己愛 「ローズクォーツ」
自他への愛 「大天使シャムエル」
無条件の愛 「第3番目の聖なる光」

また、最初の3つのスペクトラム光線は基本的なもので、それに続いて、4つのスペクトラム光線があります。最初の3つのスペクトラム光線は、力/真実/意志、智恵/理解、そして愛/受容です。
実際、生命と健康に関わるすべての事柄は、3つのスペクトラム光線の原理である意志、智恵、愛からきていると言えるでしょう。この原理からはずれてしまうと、弱点、パターン、不調和等が生まれてしまうのです。

7つのスペクトラム光線については、日本人にとっては、なじみが薄いものです。もう少し詳細なインフォメーションを、将来的に掲載したいと思っております。大変申し訳ありませんが、しばらくお待ち下さいませ。



大天使のシリーズについて

「大天使のシリーズ」は、石を使って作られていますが、スピリチュアルな成分も、このエッセンスを作る重要な要素となっています。そのプロセスについては、チャネリングとは全く異なるとても純粋な方法で、作られていると言っておきたいと思います。
また、「大天使ミカエル」のエッセンスを作れるのは、大天使ミカエルだけだとも言えるでしょう。大天使ミカエルにエッセンスを作ってもらう唯一の方法は、ただそう求め、そして受けとれる用意が出来ていることです。残りの部分は、神(=宇宙、存在)から授けられたものであり、個の意志のみで、大天使のエッセンスを作る事は不可能なのです。

リビングライトエッセンスの詳しい製造法は、公開されておりません。