参考資料
以前、ヨーロッパの「イタドリ」のモニターさんを募集した時のページです。
現在は終了しました。御参照くだされば幸いです。

直線上に配置


マウントフジフラワーエッセンスには「イタドリ」がありますが、ヨーロッパのフラワーエッセンス開発者が、「イタドリ」のフラワーエッセンスのリサーチをスタートしました。富士山の「イタドリ」と類似している面もありますが、生育の仕方について違った側面やそれに対する見解があり、それらがヨーロッパの「イタドリ」の主たる特質にも反映されるかもしれず、興味深いものがあります。繁殖力のある「イタドリ」は、ヨーロッパではあまり好まれていないようです。今回、ヨーロッパの「イタドリ」のリサーチの依頼を受け、使用体験のレポートを出して下さるモニターさんを募集致します。

応募資格
    ◎日本フラワーエッセンス協会会員、弊社の講座受講生または卒業生(マウントフジフラワーエッセンス基礎講座、マウントフジフラワーエッセンスプロ養成講座、バッチ博士のフラワーエッセンス基礎講座、バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成講座のいずれか)の方で、なおかつマウントフジフラワーエッセンスの使用経験がおありの方。ただし、現在精神的、環境的に非常に不安定な状態である場合は、様々な領域での観察が必要なレポートを提出頂く上で、モニターは難しいと考えます。
    *マウントフジフラワーエッセンスの「イタドリ」、「イタドリ」が含まれるフォーミュラー、コンビネーションの使用経験者、歓迎致します。両者の違い、共通点、特徴的な部分等についても、レポート頂ければありがたいです。
    ◎必ずレポートを書いて頂ける方。
    *レポートを書く意思がないか、書けるか明確でない方は、すみませんが、理由に関わらずご遠慮下さい。
モニター用エッセンスの形体
    ◎原液、30ミリのスポイトボトルを、メール便にてお送り致します。
    *原液は、30ミリのスポイトボトルに入れて、お水で希釈出来る形となっております。
    *初回のみ、実費500円を頂きます。
    2本目からのリピート(原液のみご送付)は無料となりますので、ご遠慮なくお申し出下さい。最大追加3本迄、リピートサービスを承ります。
応募方法
    《応募にあたって書面にてお書き頂く事柄》
    ◎まず、お電話にて応募の旨をお伝え下さい。
    ◎その後、氏名(本名)、住所、電話番号、ファックス、メールアドレス、年齢、職業を、メールにて添付原稿でお送り下さい。メールでのご送付がご無理なら、郵送、ファックスでも結構です。
    *海外の機関にてレポートの一部、全部が発表される可能性がありますので、匿名希望の方は、その旨、必ずお書き添え下さい。
    ◎フラワーエッセンスのセッション、セミナー、ワークショップ、トレーニング等の参加経験、時期、ブランド名、資格の有無、お仕事にされている方はお仕事内容等を記載下さい。
    *弊社取扱以外のブランドでも結構です。今迄の経験から、今回の「イタドリ」の特徴的な部分等についても、レポート頂ければありがたいです。
    ◎フラワーエッセンス以外のセッション、セミナー、ワークショップ、トレーニング等に参加された経験がある方、セラピー、カウンセリング、健康関連のお仕事をされている方は、時期、セラピー名、資格の有無、お仕事内容等を記載下さい。
    *書式は、お任せ致します。ただし、上記記載内容が不十分な場合、モニターをご依頼出来ない事がございます。
    *人数が集まり次第、募集を終了させて頂きます。
    《料金》
    ◎上記内容を全て書いた用紙をお送り頂くと同時に、500円を、下記にご送金下さい。
     郵便振替口座:日本フラワーエッセンス協会
     口座番号:00110−4−36138

レポートの締切
    ◎初回のモニター用エッセンス到着から1ヶ月半以内に、弊社にお送り下さい。

リサーチエッセンス:「イタドリ」
一般の園芸愛好家がいやだとまでは言わないまでも、あまり好まれない植物は少なくありません。「イタドリ」はそのグループに入ります。「イタドリ」は、他の種のためにスペースを空けておいてはくれません。「イタドリ」は、本物の殺し屋だとみなしてよいでしょう。インパチェンス属のように強く、繁殖力のある植物でさえも、「イタドリ」がくると消えてしまいます!しかしながら、これはインパチェンス属のように、元園芸植物だと申し上げておかなければなりません。「イタドリ」は、かつてヒマラヤから持ち込まれました。「イタドリ」は、手入れの行き届いたイギリスの庭から脱出する機会を得て、ヨーロッパ中の道沿いの女王となったのです。
「イタドリ」は、日に日に大きくなるのが見てわかるくらいのスピードで成長します。「イタドリ」は、短期間に2、3メートルの高さに達します。言うまでもなく、スペースを支配します。「イタドリ」の開花は7月からで、驚くべき量の、小さく密集したクリーム色の花をつけます。ともかく、この多量さはあまり好まれません。
しかしながら、違う見方をすると、この植物には良い面もいくつかあります。たとえば、土壌から重金属を取り除き、土壌を浄化し、再生します。このことは、私たちのように環境が重要な時代には、どんなに高く評価しても過大評価ではありません。
5年前に「イタドリ」のエッセンスを作りましたが、今迄それをほとんど使用しませんでした。しかし、理由は不明ですが、何の裏付けもなしに、「イタドリ」を世間に紹介するときがきたと感じています。そこで、精神あるいは感情と同様に、身体に近いエネルギーボディ(サトルボディ)のレベルを癒す可能性があるエッセンスの研究に、協力していただきたいのです。もちろん、フラワーエッセンスを、薬物療法と置き換える手段だとは決して誤解しないでください。

有名な富士山の近くで作られているマウントフジフラワーエッセンスの開発者も、「イタドリ」のエッセンスを作っています。和名の「イタドリ」とは、痛みを取り去ってくれることを意味します。その植物のほぼすべての部分が、自然治癒に使用されます。たとえば、葉は出血を止め、根は消化機能の回復に働きかけがあります。
しかし、その植物にはさらに興味深いことがあります。というのは、「イタドリ」は非常に特別な成長パターンをもつからです。「イタドリ」はいったん土壌に根をのばすと、非常に早く新しいスペースを獲得します。まず、非常に積極的に土壌を占領します。しかし、しばらくすると、中心にほかの植物のためにスペースを作ります。「イタドリ」の円は、中心で新たな生命を守るのです。「イタドリ」は、肥えた土壌を必要としているほかの植物にスペースを空ける前に、土壌に作用し、土壌を改良します。
そういうわけで、マウントフジフラワーエッセンスの「イタドリ」の作用は明白です。一方では、強く、勇敢で攻撃的でさえあります。他方では、強く保護し、高い質をはぐくみます。これは、マウントフジフラワーエッセンス開発者が言うところの、「イタドリ」が、人間の陰陽の質のバランスをとってくれることを意味します。過度に攻撃的な男性は穏やかになり、一方、従順な女性は自分の権利のために戦うことを学びます。
彼らはまた、「イタドリ」は、私たちが津波やハリケーンのような大きな災害に直面した場合に、作用すると考えます。というのは、「イタドリ」は地球を癒してくれるからです。

マウントフジフラワーエッセンスの「イタドリ」
日当たりのよい原野、河原、土手に生える多年草。雌雄異株で、7〜10月に、白い小さな花をたくさん咲かせます。痛みを取る薬効がある事から、「イタドリ」と名付けられたと言われており、生の若葉をもんで湿布すると止血と痛み止めになります。根茎は便秘やジンマシンに働きかけがある事から、漢方に用いられています。山菜としてもよく知られています。
「イタドリ」は、富士山の砂礫地に最初に根付き、地下茎を放射状に広げ、地表面を安定させてくれます。そして、放射状の地下茎は、株の中央にドーナツのようなスペースを作ります。そのスペースは栄養に富み、そこに様々な植物が芽生え始め、やがては草原へ、林へ、森へと成長していくのです。
「イタドリ」は、山の崩壊地に最初に進入し、その後に別の植物達がやって来れるように準備をしてくれます。地震、洪水、台風等の自然災害は、森の姿の移り変わりが最終段階へと行き着いてしまうのを妨げ、新しい植物が参入出来る機会を与えてくれます。破壊は、新たな創造へとつながっていくのです。
イギリス諸島では、観賞用だったものが、1800年代に野生化していきました。「イタドリ」は、海を越えて北アメリカやヨーロッパ中部に進入し、帰化植物となって繁殖しています。この植物のエネルギーは、アメリカやヨーロッパに、どんな質を与えてくれたのでしょうか。
マウントフジフラワーエッセンスに採用されているパワフルな北アメリカ原産の花達に負けない力、懐の大きさを、この植物は持っています。実のところ、「イタドリ」のより深い霊的な働きでは、それ自身がリーダーになる、目的を達成する事から、宇宙的な広がりへと発展していきます。それは、自らが、肥沃な大地の栄養となる事です。様々な人々がそこから芽吹き、花開いていけるような……。そこには、戦いではなく、分かち合いのリーダーシップがあります。
「イタドリ」が北アメリカにもたらしたエネルギーを思うと、いつか、アメリカやヨーロッパの誰かがこの花でフラワーエッセンスを作り、そこにいる人達に分かち合ってくれないかと長年思っていましたが、アメリカで大きな被害を出した大型ハリケーンカトリーナが、日本では大型台風14号が発生した直後、ヨーロッパの「イタドリ」のリサーチがスタートするという知らせを受けました。肉体に近い領域での癒しの可能性に注目しているとの事で、研究結果が楽しみです。このリサーチに、日本でも協力する事となりました。

さて、マウントフジフラワーエッセンスの「イタドリ」のキーワードは、《リーダー的先駆者》。広い視野で、自他両方の為に、肯定的に自分の能力を使っていく事をサポートしてくれるフラワーエッセンスです。
自分を大きく見せようと虚勢を張る、他者の意見を聞かない、決断力がない等、リーダーという役割や立場の中で全体を見通せない時、リーダーの器になれないと苦しんでいる時、リーダーとしての自信を喪失した時にいいでしょう。
先頭に立って何かを創造していく時には、最初に行動する事への迷いや恐れを断ち切り、信念を持って突き進んでいくリーダーとしての勇敢さ、強さを与えてくれます。例えば、新しいプロジェクトのリーダーに抜擢された時、指導者として今迄とは全く違う方法を組み入れようとしている時等にいいでしょう。このフラワーエッセンスは、0からの出発の時、ニューリーダーにパワーが必要な時に、プラスのエネルギーを与えてくれるのです。
また「イタドリ」は、男性エネルギーと女性エネルギーのバランスを取り、性的なパワーや魅力を与え、条件付けや信じ込みからではない、自分本来の女らしさ、男らしさをオープンしてくれます。
・男性に…暴力的で粗野、攻撃的、その反対に能動的になれない、主張出来ない等、男性性をバランスよく表現する事が苦手な人によいでしょう。パワーとリーダーシップを与えてくれます。
・女性に…頭のよい女性はかわいくない、自己主張してはいけない等、女性らしさに対する信じ込みが、自分自身の能力や可能性の表現を制限している時に。女性がリーダーシップを取る時にもいいでしょう。
《その他の別使用法の例》
・周囲から反感のエネルギーを受けている時に
・病後や怪我で、エネルギーが低下している時に
・ダンス、ムーブメントをする時に。
・妊娠中の女性の保護に。
・場の浄化と定着に。
・働く女性達の職場に。
・自分自身や手がけている事が停滞している時に。
・目的に向かって進んで行く時に。

 



【 お申し込み・お問い合わせ 】

ハートサポートシステム有限会社
〒152−0023 
東京都目黒区緑が丘2−3−1
TEL 03−5731−8797 (平日10:00〜18:00)
FAX 03−5731−8798