バッチフラワーエッセンス基礎
通信講座 募集要項
(2)

直線上に配置

■バッチフラワーエッセンス基礎講座の内容と学習の進め方


 基礎講座の内容
バッチ博士が開発した39種類のフラワーエッセンスを深く学ぶと共に、併せて、実習を通して、花のカードやペンジュラムを使ったエッセンスの選び方、エッセンスの飲み方などの実践的な使用方法を身につけていきます。
この講座を修了すると、バッチ博士の39種類のフラワーエッセンスを理解することができると共に、ご自身のためにエッセンスを選ぶことができるようになります。

  1. フラワーエッセンスとは何か、また、その基本的な使い方を学びます。
  2. 緊急時用エッセンスの意味と使い方を学びます。
  3. 恐れ、不確かさ、現在の状況に充分な興味を持てない、孤独、考えや環境に対しての過剰反応、落胆と絶望、他人を気にしすぎる、の7つの心理カテゴリーに分類して、エッセンスを理解します。
  4. 各カテゴリーごとにエッセンスを学び、現在の自分に一番ふさわしいエッセンスを選び、飲み続けることにより、自分自身の心理や行動パターンに気付いていきます。
  5. 各エッセンスに対応したエクササイズを学び実習することにより、エッセンスや自分自身の心の理解を深めると共に、感じる力を取り戻していきます。
  6. カードを使ったエッセンスの選び方を学びます。
  7. ペンジュラムの基本的な使い方を学びます。
 学習の進め方
バッチ博士の心理カテゴリーごとに、一つの単元になっています。「学習の手引き」を参考にして、各単元ごとに、下記の1から5までを繰り返します。
  1. テキストを読んで学習します。
  2. 自分自身のエッセンスを選びます。
  3. 添削課題を提出します。
  4. 質問がある場合には、質問用紙に記入し、添削課題と一緒に提出します。
  5. 送り返されてきた添削課題や質問の回答を良く読み、理解を深めます。
 学習の進め方の解説
  1. 日本フラワーエッセンス協会会長の中沢あつ子が書いた「バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック」を教科書とし、「学習の手引き」をもとにして読み進めます。
  2. 各単元ごとに、様々なエッセンスの選び方を学び、その方法で自分自身に選びます。
  3. 添削課題を、各単元の終了時に提出します。各単元の重要項目について出題される課題を提出し復習することにより、各単元の内容を確認し、理解を深めます。
    また、2で選んだエッセンスを一定期間飲み続け、その感想を提出します。
    さらに、各単元の各エッセンスのエクササイズを実習し、その感想を提出します。
    (封筒・用紙は教材に含まれますが、提出時の郵送費は、各自のご負担になります。
    フラワーエッセンスは、目耳鼻舌皮膚などの五感を越えた第六感のようなところに働きます。
    第六感は、あえて言葉にするならば、「感じる」ことです。
    それは、子供の頃には誰もが持っていた繊細な感覚です。
    私たちは、五感の刺激が強い環境の中で育ちながら、いつしか第六感は単なる気のせいと思うになりました。
    本講座では、この第六感を「感じる」ことを大切にします。
    そのためには、体験学習がとても重要です。
    知識の習得だけならば、講座を受けずとも、本を読んで理解する独学で充分です。
    当社の全ての講座は、体験学習を非常に重要視しています。
    そのために、各自が自宅でエッセンスを選び、飲み、感じるという体験学習を行います。
    それは、各エッセンスのエネルギーを注意深く感じ理解することばかりではなく、ご自身の心の内面を深く見つめ、エッセンスによる様々な変化を繊細に感じとる力となります。
    「感じる」力を取り戻すとともに、「気付き」も育ちます。
    それら、感じたことや気付いたことを、毎回課題として提出します。
  4. 自宅学習中に出てきた疑問は、質問用紙に記入して、課題と一緒に提出すると、課題返却時に質問の回答が返ってきます。
    疑問をそのままにして次に進むと、理解が深まりません。
    質問用紙を積極的に活用し、理解を深めましょう。
  5. 復習は、理解の不充分な箇所の確認と理解の深まりに役立ちます。
    必ず復習しましょう。

 スクーリング(開催地:滋賀・東京)
受講期間中、スクーリングを一回受講します。
年2回開催されますので、受講中、都合の良い日にご参加下さい。
内容は、自己紹介、ペンジュラムの実習の再確認、筋肉反射によるエッセンスの選び方、質疑応答などが行われます。
スクーリングの費用は、受講料に含まれますが、交通費その他の費用は自己負担になります。
受講者数が多い場合、開催日が増えます。
その時には、そのつどご連絡いたします。
また、基礎講座では、スクーリングを免除することができます。
別途、作文・小論文の提出が必要になります。
スクーリングに参加するか、作文・小論文を提出するかの選択は、入学時に申請します。
入学後の変更も可能です。
通信講座には、内容上、エネルギーペネトレーションペンダント(EPP)を用いた技法の習得、微細エネルギー解剖学の理論は含まれておりません。
日本フラワーエッセンス協会認定初級フラワーエッセンスセラピスト®が提供するセッション技法の習得を希望される方は、未習得箇所を追加で学び、初級フラワーエッセンスセラピスト®資格を取得する事が出来ます。(「基礎通信講座」スクーリング開催日にあわせて行われる1日オプション講座の受講要)
また、「基礎通信講座」の受講がスタートすれば、「フラワーエッセンス基礎講座(パート1)」(通いまたは集中講座)に、再参加料金で参加頂く事も可能です。