バッチ博士のフラワーエッセンス 基礎 集中講座 体験談
直線上に配置

バッチ博士のフラワーエッセンス 基礎 大阪集中講座 体験談
匿名希望
掲載日: 2005年 12月 9日 

「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎大阪集中講座」の受講1日目に、私が初めに選んだ花カードは、オークでした。花カードを選ぶ前に、どういう訳か紫色のキキョウのような花がずっと脳裏に焼きついていました。しかし私が選んだ花カードは、がっしりした木のオークです。瞬間、何か違和感を感じました。なんだか自分とあまりにもかけ離れている感じがしました。しかし、オークの花カードをじっと眺め、オークのフラワーエッセンスの意味を「バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック」で調べると、ふと気づくことがありました。オークは私がなりたいと望んでいる性質を多く含んでいました。ひょっとすれば、自分自身では気づかないだけで、私の中にもオークのように強く、逆境にもギブアップせずに物事をやり続ける、そんな部分があるのかもしれない。そう考えると勇気が湧いてきました。
そして、私が「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎大阪集中講座」を受講した動機も思い出しました。停滞している自分の人生を根底からくつがえしたいと思っていました。そして自分にあったフラワーエッセンスを選べるようになりたい、と自分を癒す必要性を強く感じていました。そのような動機で今回、「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎大阪集中講座」を受講させて頂きました。そしてとても貴重な体験をさせて頂きました。

ペンジュラムを使った選び方は、ペンジュラムの反応が良く、また選ばれたフラワーエッセンスも妙にしっくりとくるものがあり、これは私に一番合ったやり方かもしれない、と確信できました。

しかし、筋肉反射テストの時は、適切な答を引き出すことができずに、戸惑い、あせりました。私とペアを組んだ相手の方も、私と同じように答を引き出せずに戸惑っていました。そのような状態のまま相手に適切なフラワーエッセンスを選び始めることになってしまいました。これではお互いに適切なフラワーエッセンスを選ぶことはできないな、ともはやお手上げの状態で私は相手のフラワーエッセンスを選んでしまいました。そして相手の方が私のフラワーエッセンスを選ぶ番になった時、私も相手に適切なフラワーエッセンスを選んであげられなかったので、間違ってもいいですよ、というような態度でいました。お互いに選んだフラワーエッセンスは、かなり的ハズレなものに違いない、と思いました。しかし、その選ばれたフラワーエッセンスを見ると、私が内心で、自分にあったフラワーエッセンスはこれだな、と思っていたものと、物の見事に合っていて、かなり驚きました。
そしてふと、フラワーエッセンスを選ぶ時の態度のようなものを、教えてもらったような気もしました。自分にピッタリと合ったフラワーエッセンスを選ばなければならない、間違ってはならない、と力んで自分でコントロールしようとすることを手放し、フラワーエッセンスの方から選んでもらえるように、自分を脇にどけて、身をまかせるような態度で選ぶ方が、適切なフラワーエッセンスを選べるのではないかと思えました。初心者の私はこうして失敗しながらも、適切なフラワーエッセンスを選べるように一歩一歩進んでゆければ、と思います。

そして、この2日間の集中講座のおかげで感受性も強まったような気がします。ペアを組んだ相手の方の感情が、突然私の中に流れ込んできて、戸惑いを感じることが多々ありました。最初はそれが相手の感情だと分からずに、自分の感情だと思っていました。しかし、リラックスして何も考えていない時に突然強い感情が湧きおこり、これは自分の感情ではないという事をハッキリと知りました。そう考えると、今までも目に見えない様々なことを、無意識のうちに受け取り、それを自分の事として処理をしていたのかもしれないと思えました。
そして不意にアスペンの花が思い浮かびました。そのフラワーエッセンスは、自分の境界線をハッキリとさせることが大切だと教えてくれたような気がしました。またイメージ療法等の防御法なども行っていきたいと考えるようになりました。混雑した場所が苦手で、明確な理由もなく恐れてしまう私にとって強い味方になってくれそうなフラワーエッセンスです。しかし、何故か今回のセッションでアスペンは選ばれませんでした。深い気づきが起こり、そのフラワーエッセンスを飲む必要がなくなったのか、それとも私に最優先するフラワーエッセンスは他の物だったのかもしれません。それでもアスペンのフラワーエッセンスは私に様々な事を教えてくれました。

またアスペンだけではなく、他のフラワーエッセンスも、私に大きな気づきをたくさん与えてくれました。2日間の集中講座で今まで気づく事さえなかった自分の内面を深く知る事ができました。直視したくない辛い事実も多々ありますが、ゴースのフラワーエッセンスが教えてくれた、明けない夜はない、すべての状態は、いずれ過ぎ去っていく、と自分に言い聞かせながら進んでゆければ、と思います。
そのおかげか、昔は辛い出来事が起こると、すべてを肯定的にとらえてプラス思考で無理に乗り越えようとしていましたが、今では素直に自分の気持ちを感じようとしています。辛い時は辛いし、落ち込む時はとことん落ち込み、腹が立った時は怒る、ともっと自分の気持ちを素直に表現してゆければ、と思っています。しかし、怒りや恨みなどの感情を相手にそのままぶつけますと、その結果がどうなるかは目に見えていますし、それは私の望む事ではありませんので、そういう時はノートに自分の感情をすべて書き出す事にしています。どんな方法でもかまわないので、他人はともかく自分には嘘をつかないでおこう、ありのままの自分を表現させてあげよう、と労りをもって接することができるようになりました。

こうして2日間の「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎大阪集中講座」は私にとってとても実りの多いものとなりました。ありがとうございました。
そして「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎大阪集中講座」でミックスして頂いたボトルを使用し始めて今日で1週間が過ぎました。今まで停滞していた自分の人生が嘘のように、目まぐるしい変化が起こり始めています。また感情の揺れが激しく、精神的に不安定になることが多々あります。
例えば、今まで苦手だとは思っていましたが、それでもなんとか普通に接することが出来ていた上司に対して、それができなくなってしまいました。仕事場でその上司の顔を見た瞬間、訳もわからず突然動悸が激しくなり、身体が冷たく硬直してしまいました。失敗をしてその上司から怒られるのが私はたまらなく怖かったのです。
そして、その怖れの感情が頂点に達した時、過去のつらい記憶がどっと押し寄せてきました。小学校の時に全生徒のいる前で担任の先生に怒鳴られ、非常な羞恥心を感じたこと、それからも数えきれないほど、自分が頭が上がらないと思える権威者の人達に怒鳴られてきたこと等、私は昔から権威者などの力を持つ人を怖れていたことを思い出しました。それらは私の克服すべき課題であることは判っていましたが、なかなか乗り越える事ができずに、何度も同じ経験を繰り返していました。いいかげんここから抜け出したいと思い、今まで自分なりに色々な方法を試してきたのですが、どれもうまくゆきませんでした。
そして今回はフラワーエッセンスを使用してこの課題に取り組んでいる最中です。その中で私は様々な気づきを得ることができました。私の使用しているウィローのフラワーエッセンスは、私は自分を正当化し、つねに被害者、犠牲者であると思っていることに気づかせてくれました。自分で自分のことを無力な被害者だと思っていたので、そういう現実を自ら作り出していたのかもしれません。そう考えられるようになって、私は初めて相手の立場にたって考えられるようになりました。
例えば、私が小学生の時に私を皆の前で怒鳴った先生は、自分の思い通りに行かない私の行動に苛立ち、かんしゃくをおこしたのだと思います。その先生は私が憎くて怒鳴ったのではなく、ただ私に向かってクシャミをした、その程度の問題にしか考えていないのだと理解できました。しかし、私は自分の服にかかった相手のつばを眺めては、いつまでもブツブツと相手を非難していたのかもしれません。そう考えると、自分だけが相手に捕らわれ苦しむのは馬鹿らしいと思えるようになりました。つばがついたらその服を洗えばいいだけの話かもしれません。
今回の「バッチ博士のフラワーエッセンス基礎大阪集中講座」でそういう状態に役立つエクササイズがいくつもありましたので、さっそくその汚れた服を洗い流そうと思いました。そう考えられるようになったからでしょうか、目上の人に対する私の態度が、変わってきたように思います。今までは目上の人の前に立つ時は、相手を怖れる気持ちしか湧いてこなかったのですが、それに取って代わったかのように突然強い怒りの感情が湧いてきました。ひょっとすると今までは怖れの気持ちの方が圧倒的に強すぎて、気づいていなかっただけなのかもしれません。私は普段あまり怒りを感じない方なのですが、自分の中にこれほど苛烈な怒りの感情が眠っていたことにギョッとなりました。
私の中にも私が怖れる権力者と同じような性質があることに気づきました。するとふと、父の顔が脳裏をかすめました。父は私が幼少の頃、母に暴力をふるっていました。私はその光景を目にする事が死ぬ程怖かったのです。それ以降、私は力で無理矢理相手をおさえつけようとする相手が全て怖くなりました。激高する人が怖くて、一刻も早くその怒りを収めて欲しくて、自分が悪くない時でも、ずっと頭を下げ続けてきました。思えばその時から私は自分の気持ちを無視してきたように思えます。
そして今ようやく私はその時に表現する事ができなかった自分の気持ちを素直に表に出してあげる必要があるような気がしました。自分の内に眠っていた怒りの感情をすべて吐き出させてあげよう、と思いました。思えば私は昔から喜怒哀楽の怒を表現することがとても苦手でした。これからは怒りを上手く表現することができるようになれれば、と思っています。
そして自分の中にも父と同じ性質があることも実感できました。父の暴力は弱さからきていたものだと理解できます。昔は父が苦手で避けてばかりいましたが、今では私も父の苦しみや悲しみ、辛さを少しは理解できるようになれました。フラワーエッセンスを使用する前から、父に対するわだかまりは解けていたと思っていたのですが、フラワーエッセンスを使用してからはさらに父に対する愛情が芽生えてきました。相手を自分と同じように感じられることもあり、父の幸せを心から願えるようになりました。こうしてフラワーエッセンスを使用することで、自他共に多くの気づきを得ることができ、感謝しています。

感情のアップダウンが激しく不安定になってしまうことや、以前からある身体の痛みが、より強くなることもありますが今の自分に必要だから起こっている浄化反応なのだと信頼できるようになりました。
また否定的な出来事ばかりではなく、私にとって夢のように素晴らしい出来事が起こり始めています。夢にも会えると思っていなかった、一方的に私が尊敬し、親愛の情を抱いていた方達と会えるような状況が次々とセッティングされ始めています。本当に夢のようです。
そしてこれから自分の人生が劇的に変化する予感があります。今まで停滞していた自分の人生が嘘のように人生が速いスピードで回り始めました。それを私はワクワクと胸を躍らせながら眺めています。半年後、1年後の自分がどう変化しているのか、とても楽しみです。
どうもありがとうございました。