マウントフジフラワーエッセンス 認定者特別講座 体験談
直線上に配置

〜マウントフジフラワーエッセンス認定者特別講座体験談〜
Y.M
掲載日: 2009年 9月 3日 


 「マウントフジフラワーエッセンス認定者特別講座」で、エネルギーペネトレーションペンダント(以下EPP)を使った技法を体験して、クライエントにとってもセラピストにとっても、EPPを使うことで、ヒーリングがより深くスムーズに体験できると感じた。

 ●対面セッション実技
 クライエント役をした時は、選ばれたマウントフジフラワーエッセンスのエネルギーが浸透してくるのがはっきりと感じられた。
 第1チャクラに選ばれたモモのエネルギーがすり鉢状に渦を巻いて体に近いエネルギーボディ(サトルボディ)に浸透してくるように感じた。ヒーリングの始めの段階では、選ばれたマウントフジフラワーエッセンスのエネルギーを感じたり、周りの音が気になったりしていたが、ヒーリングが進むにつれて、深いリラクゼーション状態に入っていった。それでも、時々マウントフジフラワーエッセンスのエネルギーに反応しているのか、意思とは関係なく、時々、反射的に手先などがピクンと動いていた。EPPを使ったヒーリングは、とても心地よく、深いリラックスを呼び覚ましてくれたと思う。

 選んでいただいたマウントフジフラワーエッセンスのミックスボトルを飲んでいる期間は、非常に忙しく、睡眠時間も十分にとれない状況が続いた。そんな状況下にしては、精神的に参ることなく、元気にいられたと思う。普通であれば、フラストレーションが溜まってイライラしたり疲れるような状況であっても、我慢したりすることなく、感情なり、エネルギーが、何かスムーズに循環して、心地よくいられることが多かった。それでも、イライラすることはあったし、疲労は確実にたまっていったのだが、度合いとしては、軽かったように思う。
 また、社交的、外交的な側面を表に出す機会があり、これら要素を自分の中からスムーズに表に出すことができたように思う。人と自分の間に流れを作るというようなテーマで選んでいただいていたおかげもあると思う。

 セラピスト役をやらせていただいた際には、1本目に左膝にヒレハリソウが選ばれて、膝に置いた時に、慎重にそっと置いたのだが、クライエント役の方の膝はビクンと大きく反応した。また、次に第1チャクラに選ばれたクサボケと共に、最初の2本のヒーリングは、EPPによるヒーリングに時間がかかった。EPPを使ってみて、下位チャクラに選ばれたボトルのエネルギー調整には、比較して時間がかかるように感じた。
 クライエント役の方は、2本目のボトルを置いた時にはやや苦しそうな表情をしているように感じたのだが、ヒーリングが進むにつれ、表情が和らぎ、リラックスしてきたように感じられた。
 クライエント役の方には、7本ボトルが選ばれたのだが、足元や膝、第1チャクラに5本のボトルが選ばれた。


 ●遠隔セッション実技
 遠隔セッションで別の方に選んだ時も、全6本中、足元と膝に3本のボトルが選ばれた。講座でお昼ご飯を買いに行ったとき、プチトマトや苺入りヨーグルトなど赤いものばかり選んでいたし、赤い梅干入りのおにぎりを食べていて、不思議だなと思っていたのだが、練習セッションで、こうも第1チャクラにボトルが選ばれていると、無意識に第1チャクラと関係する色である赤との同調を図っていたように思う。
 リーディング文書とミックスボトルをお渡しして、後日、遠隔セッションの詳細なフィードバックをいただいた。
 遠隔セッションの翌日に、「なんだかふと、自分が自分に“はまり出した”ような感覚がありました。セミの声、家の外を走るバイクの音、TVのニュースなどが現実味を帯びて、現実感が濃くなったように感じて、もしかしたらマウントフジフラワーエッセンスの影響かな、不思議だな、と思っていました。
 そして翌日(ミックスボトルをお渡しした日)、選ばれたマウントフジフラワーエッセンスや場所(足元など)を知って、少し納得しました。」
とのこと。遠隔セッションでは、実際にミックスボトルをお渡しする前にマウントフジフラワーエッセンスのエネルギーから変化を感じ取られる方が多いように思う。
 リーディング文書の内容を読んで、「まさに今私に必要なお花たちが必要な場所にサポートに来てくれたように感じました。」、ミックスボトルを飲んで、「とてもおいしく感じて、ガブガブ飲んでしまいたくなりました。」とのことで、ぴったり合ったフラワーエッセンスが選ばれたようだ。
 ミックスボトルを飲んだ2日目の朝に、「“この世界はいつも完璧だ。ハートがこの世界への知覚を決めている”ということばが浮かび、ハートの前が大きく広がり、ハートの前にのびやかなスペースができたようでした。」とのこと。第4チャクラのウツギのエネルギーを深く受け取られているように思う。また次の日の夜に、ミックスボトルを体の上に置いて、様々な反応が感じられたそうだ。
 「ミックスボトルを飲んでいると、頭頂の少しうしろぎみの所がビリビリもぞもぞとしているように感じました。この感じは、飲み終わるまでずっとありました。」とあり、第7チャクラに選ばれたオオキンケイギクが関係しているようにも感じた。
 1週間でミックスボトルを飲み終えて、「体も心も魂も今回私の元に来てくれたマウントフジラワーエッセンス達を大歓迎で、共鳴していることがとても心地よかったのでしょう。」、「ミックスボトルを飲み、深い所で新しいステージに移行してゆくことが刺激されているような気がいたしました。」、「ミックスボトルを飲んでいる間は何か存在に見守られているような、安心感や普段より小さな気づきが増えたように感じました。」とのこと。

(弊社注:掲載にあたり、クライエントからの許可を頂いております)

 飲む方の感じ方、個々の状態もあるが、EPPを使うと、初期反応が柔らかくなるのかもしれない。また、EPPを使ったセッションは、対面、遠隔問わず、フラワーエッセンスのエネルギーを、クライエントはよりスムーズに受け取れるように感じた。よりクライエントの可能性を広げること促すことにも役立つようにも感じる。セッション等で、積極的に役立てていきたいと思う。

 どうもありがとうございました。