セッション体験談
直線上に配置


エネルギーワーク体験談

まりも


〜体験その1:〜シャーマニックヒーリングを受けて〜

個人セッションに来た動機
喉〜ハートにかけてエネルギーの芯・ブロックのようなものがずっとあり、取れないでいたことと、5年前のうつの名残がまだ残っているような、自分とつながっていない感じがあったこと。
仕事で同じパターンを繰り返していたこと等から、それらの古いエネルギーを手放し、解放したいと思っていた時に、「シャーマニックヒーリング」の説明を読んで自分にとって必要だと感じ、受けたいと思いました。

個人セッションの体験
脚から上半身(特に右)にかけて、エネルギーの分厚い毛布でくるまれているような感覚がありました。
足裏から順に上の方に手を当てられていくにつれ、エネルギーの芯の感覚がどんどん強く上に上がっていき、喉まで来たとき大変な詰まりを感じ、少し苦しかったがその後解放されました。
喉のチャクラをヒーリングされている時は、自然に涙が出て来ました。
パビットラさんの手がとても温かく、頭部をヒーリングされている時、包まれているような優しさと温かさを感じました。

●日常生活を送る中での変化、気づき
終わって3日位はマインドが働かず、ボーッとしてとても眠かった。
その後2日はどーんと落ち込みとうつとネガティブな感じのピークのような状態がやってきてしんどかったが、その翌日、スーッとネガティブが抜けた感じになった。内側にぎゅーっとしめつけていたものがなくなり、スペースが出来た感じで軽くなった。
エネルギーが広がった感じ。自分の今の状況や感情の中にエネルギーを凝縮させ押し込めていたけど、エネルギーは自由なんだなと感じた。
眉間にいつも知らずに力が入っているのが広がっている感じがした。
内側がぎゅーっとしていないと、こんなにラクなんだなーと感じた。
まだつまりの感覚は残っているが、前とは違う感じ。内側で動きながら上に上がり、解放されようとしている感じがする。(あくび、喉のいがらっぽさ、咳等)


〜体験その2:サトルボディヒーリングを受けて〜

●個人セッションに来た動機
前回「シャーマニックヒーリング」を受けるに当たり、その後「サトルボディヒーリング」を受けると良いということだったので、今回の自分のテーマが長年に渡っての自分としては大変なことだったので、出来るものなら完全にクリアにしたいという思いもあり、2回に渡って受けさせて頂くことにしました。
2回に渡って受け、また2回目にはエネルギーリーディングのステージも加わったことで、更にクリアに、本当にスッキリとエネルギー的にも精神的にも調整して頂け、とても良かったです!!

●個人セッションの体験
今迄のセッションでは最後まで意識が覚めている感じだったのが、今回は途中からウトウトしてしまいました。とてもリラックスして受けられました。
目だけが最後までずっとバチバチと激しく内側でまばたきを繰り返していました。
シェアリングのステージでお話しましたが、頭部を手で包まれている時はエネルギーにスッポリ頭を覆われて「まりも」になっている気分でした。
終わった後ものすごく背中からハートにかけて「スッキリ!」していてとても爽快でした。
エネルギーリーディングやアドバイスもとてもじっくりと丁寧で、こちらがペラペラ話しまくったことに対し、本当に寄りそって的確なお答えを頂き、本当に沢山の気付きを得られ、感謝しています。

日常生活を送る中での変化、気づき
終わって翌日位まで、過去世のことに対し、何で人生でこんな体験をしなくてはならなかったんだろう、それが何故終わった今でも無意識に残っていなきゃいけなかったんだろうという気持ちがあったが、その日の午後、図書館と本屋で手に取った本にぴったりの答えとなるようなことが書かれていたので、答えの早さにびっくりした。
その後数日は、前回の浄化反応程の激しさではなかったが、憂うつな感じが多少あり、動きがなく、出口がなく、わなにはまった毎日、私は受け入れられない、という感覚が上がってきたが、過去世の感覚だなと気づいていた。
今いる状況も自らゆるい牢屋に入って再体験していたんだなと気付き、今迄感じていた分離感、自分は受け入れられない、居場所がないという感覚もそうした過去世に根ざしていたんだと分かった。
そしてまたその日の午後になると、もう過去世=終わったこと。今はNew Me!なんだという感覚がやってきて、あの時の感覚のまま生きる必要は一切ない。私は自由、解放された、0からやり直せている。今、生まれ変わりのチャンスを生きているんだ、という気持ちになった。
また、読んだ本からも、今の状況を起こさせているのは私の意図が分散しているからだと気付き、本当に望むことに意図を集中しようと思った。
今迄受動的な犠牲者のパターンが自分の深い所にあり、同時に男性的パワーへの嫌悪があったが、それを建設的に健康的な創造的パワーとして自分の中に見出し、内側からパワフルに生きたいと思った。