直線上に配置

★弊社サイトの体験談は、全て使用者、参加者から実際に頂いたノンフィクションです。

■フラワーエッセンスオブザブッダフィールド「震災対応スペシャルコンビネーション」体験談 掲載日: 2011年 4月22日

日本フラワーエッセンス協会からのバックアップを受け、東日本大震災の無料支援活動をしている協会認定フラワーエッセンスセラピストから頂いた体験談です。
*掲載にあたり、クライエントさんからも許可を頂いております。

★セラピスト
櫻井香織

★クライエント
30代女性(福島県ご出身で、現在は関東圏に在住)
遠隔ヒーリングを受けた時点で、風邪気味で、体調はあまりよくない。福島の家族や友人のことを心配している。現地にいる家族や友人との接し方が分からずに、悩む日々が続いている。

★無料支援の内容

「エネルギーペネトレーションペンダント」(EPP)を用いた、フラワーエッセンスの遠隔ヒーリング。
*エネルギーペネトレーションペンダント:マウントフジフラワーエッセンス開発者が開発した、オリジナルのエネルギーワークの為のツール。対面にも遠隔にも活用出来、マウントフジフラワーエッセンス、バッチフラワーエッセンスをはじめ、フラワーエッセンスがエネルギーボディ(サトルボディ)やチャクラにスムーズに浸透するのを助ける。

★使用したフラワーエッセンス
フラワーエッセンスオブザブッダフィールド「震災対応スペシャルコンビネーション」

●セラピストさんから
遠隔ヒーリングでは、フラワーエッセンスオブザブッダフィールド「震災対応スペシャルコンビネーション」を使って、ハートチャクラにエネルギーペネトレーションペンダント(EPP)で働きかけ、エネルギーの調整を行いました。

●クライエントさんから
〔遠隔ヒーリングの翌日〕

昨日はありがとうございました。
まずは、このタイミングでのお返事になりましたのも、、、
なんと私は、遠隔セッションの施術時間7時30分ごろに横になってから、8時までは記憶がありましたが、そのまま、こんこんと眠り続け今朝の6時に目がさめました。
今日は早出しないとダメな日だったから、ちょうどよかったです。
なにせ、普段あまり寝ていないっていうか、眠りこけらんないので、こんな風に寝ちゃうのは、海外から帰って時差ぼけで、、、ってくらいしかないと思います。
びっくりです。
完全にスイッチがオフになったようなあんばいでした。

〔遠隔ヒーリングから数日後〕
お陰様で、風邪はだいぶいいです。咳がなくなりました。
遠隔ヒーリングの感想と言ってよいのか?みたいなとこですが、面白いくらいに電車乗り換えがスムーズ(笑)でしかたないんです。
私は、通勤も3線乗り継ぎで、しかもまだ時刻表とおりじゃないから、遠隔ヒーリングを受ける前は、ひどくロス多くて、いらいらしてました。